楽しき 先輩達

b0248216_2014271.jpg

僕が 寄席の 前座だった頃

写真の先輩 は 当たり前 だけど 若かった

黒々とした 頭は 雪が 降り積もり

薄っすら 雪化粧

左側 が 十一代目 金原亭 馬生 兄さん〔ぴんぼけ〕

右側 が 十日まで 昼席主任 の 金原亭 駒三 兄さん

もちろん 兄さんなんて 呼ばせてもらっているが

立派な 真打
 
馬生〔当時・小駒〕兄さん は 立前座 

見習い前座だった しん平 に 池袋演芸場  昼席 で

トリ〔主任〕 を とらせた 張本人 です

あの 経験が 映画 『 落語物語 』 の エピソード に

なったのです 〔映画の通り本当の話〕

駒三兄さん には 先日 落語 『 生兵法 』 を 高座稽古 
  
駒三兄さんに 『 幾つに なったんです ? 』 と 聞いたら

『 教えない…… 歳がバレると 死んじゃうから 』 だって

なんか 噺家って いいな

噺家全員  身内だもんね

みんな 立派な おじいちゃん 058.gif

勿論 僕も…… おじいちゃん ?
[PR]

by hayashiyashinpei | 2011-12-07 20:30 | 落語・寄席・噺家