我が師匠 初代林家三平 三十三回忌

b0248216_21432915.jpg

僕の 師匠 初代 林家三平 が 亡くなって 丸三十二年 に なる

普通 三十三回忌 が 行われる事は マレである

何故ならば 早く亡くならなければならないからだ

師匠が 亡くなったのが 五十四歳 でした

今の 僕は 生前の 師匠の歳を 越えてしまっている

本日 帝国ホテル にて 約九百人弱 の 参列者 を お招きして 行われました

写真は 由紀さおり さんが 「 夜明けのスキャット 」 を 亡き師匠 に 捧げているシーンです

由紀さんの 歌声は とても 澄んでいて 天国の 師匠も 聞き惚れていることでしょう

三十二年経っても 我が 師匠は 弟子と家族の 心の中に 生きているのです

僕達が 師匠の 側に 行くまで……  
[PR]

by hayashiyashinpei | 2012-09-20 21:53 | 落語・寄席・噺家