三日目 の 文左衛門

b0248216_10163371.jpg

上野鈴本演芸場 の 入り口 には 僕の幟 が 立っている

主任 を 取った時の 看板 の ような 役割

昼席の 主任も 3日目 が 過ぎました

館内 には 札幌の友人 よりの 大きな花段 
b0248216_1019197.jpg

高座の 上にも 白い蘭の花 が 飾られています

昨日の 二つ目 は つくし さん 川柳師 の お弟子さん

新作落語 で頑張っている

座談 は きく姫師 

きく姫 が 真打 で 師匠 と 呼ばれている ことに

ちょっと こそばゆい 気持がした

太陽のように 明るく 無邪気 で あっけらかん と していたのに

知らないうちに きく姫 も 立派な真打? に 育っていた

相変わらず 騒がしい奴 だけど 憎めないキャラ は いい感じだね

この日の 僕の演目 は 『 お血脈 』

石川五右衛門 の オーバーな 演出沢山 の 馬鹿馬鹿しい噺

この噺 は 楽しく高座 を 勤められるのでいいね

高座 を 終えて 軽く 打ち上げた後

もう一軒 の 居酒屋 へ

仲入り 代演で来ていた 『 橘家 文左衛門 くん 』 〔以下・文左〕

ここ二年 夏の名物 「 円朝祭り 」 が 無いので

文座 の 煮込み と 牛筋煮込み が 食べられない ので

知りあいの 居酒屋「 阿・云 」 の 店主さんが

一日店を 貸してくれて 文左の店 を 開店するというので 寄らしてもらった
b0248216_10362261.jpg

厨房 で 嬉しそうに 働く 文左 は 本物の 居酒屋 の 親父だ

塩味 の 煮込み は バカ旨!

是非 来店して欲しい が 一日限定 と 言うことで 早くも店じまい…

来年も 一日だけ 開店 するのかな?
[PR]

by hayashiyashinpei | 2013-08-04 10:43