本日 は 黒門亭寄席

久しぶりに 三題噺 を してみようかな

と 思う

三題噺 は お客さんから どんな題? が 出るのか

分からないところが 楽しい

自分でも 短時間で 噺が 出来ていく作業 を

客観的に 見られるのが いい

自分の 知らない 自分が 噺を 作っていく

ドキドキ が たまらなく 楽しい

さてさて 今日は どんな 噺が 出来上がるのか

誰も 知らないし 僕も 知らない

そこが 三題噺 の 醍醐味 だから

僕が 出演するのが 二部 の 二番目

出番が 早いのも いい感じ
[PR]

by hayashiyashinpei | 2013-10-19 13:32 | 落語・寄席・噺家