三題噺 の お題は何?

昨日 の 黒門亭 は 楽しかった

朝から 三題噺 を しようと思っていたのです

出番は 二番目

今回は 三題噺 の 古典落語版 を 作ること が 目的

お客さんには 現代的な お題は 無し で 江戸風な お題を お願いした

色々 な お題 を 貰っていたら 面白くなってきたので

五つ の お題 全部 使って 作ることにした

勿論 その場 で 話し出すのだ

普通 の 三題噺 は 休憩中 に あらかじめ 貰っておいて

その 数時間後 か 翌日 に 話す と いう 形式だけど

時間が 経てば 噺一本ぐらい 出来て当たり前!

即興その場 で 作らなければ 驚きも 無い!

だから 僕は その場で 作って いきなり 話し出す

その時の お客さん の 期待とも驚きともつかない顔 が 楽しいのだ

この日 の お題 は 『 中仙道 』 『 抹茶 』 『 月 』 『 まねき猫 』 『 すすき 』

僕は 直感で 松尾芭蕉 を 思いついた…

でも すぐに 思いつくもの は お客さん も 思いつくかも知れない ので

世にも不思議な物語 を 作ることにした

自分でも 意外と 面白く出来たので

細かいところ を 付け加えて 一本の 新作古典落語 として 演ってみようと思う

演目 は 『 まねき猫 』 と つけることにした

いずれ 寄席で 常時 話すことに なると思うので

内容は 書かないことにする

どんな 噺かは 寄席での お楽しみ 
[PR]

by hayashiyashinpei | 2013-10-20 16:14 | 落語・寄席・噺家